カードローンは金利や種類を確認しよう【女性専用のカードローン】

最新記事一覧

リスクと注意点は

積み木とお金

諸費用について

不動産担保ローンは、低金利で借入金額が大きいことが特徴です。最大融資額が1億円を超える商品もあります。借入金額が大きいながら月々の返済金額は、数万円程度で利息の返済だけで最終返済の時に不動産売却で一括返済ができるの、返済計画も立てやすい特徴があります。ただし、不動産担保ローンを利用する上でいくつか注意しなければならない点があります。無担保ローンと違って、申込みから審査、契約の段階で諸費用がかかることです。不動産担保ローンでかかる主な費用が次の通りです。事務手数料、物件調査料、登記費用、印紙代、火災保険料などです。物件調査料は、1件につき約10万円程度、登記費用は司法書士に支払う費用のほか法務局に支払う費用も含まれます。印紙代は、不動産担保ローンの借入極度額は高額ですので契約書に貼る印紙代もそれだけ高額になります。かかる費用については金融機関によっても異なります。物件調査料は、金融機関が負担してくれるといったところもありますので事前に確認をしておくことです。そして、不動産担保ローン最大のリスクとなると担保が処分されてしまうことです。万が一借りていたお金が返済することができなくなったら不動産は処分されてしまい、債権者である金融機関は担保売却して借入金の回収を図ります。担保が処分されてしまうと自宅に設定していた場合には、今後の生活のの場を考えなければならないです。そうならないように事前にしっかり返済計画を立てることが大切です。