カードローンは金利や種類を確認しよう【女性専用のカードローン】

最新記事一覧

ローンはトータルで考える

クレジットカード

利息の返済額について

カードローンを申込みする前に、理解しておかなければならないのは金利と利息の関係です。当然ですが、金利は高ければ利息の負担額が大きくなり低ければ負担が少なくなります。カードローンの利息の支払い額の計算式は次のようになっています。残高×実質年率(金利)÷365日×利用日数となっています。例えば、30万円を18%で借りて30日間利用すると利息の計算は、30万円×18%÷365日×30日となり4438円が利息の支払い金額となります。これが第1回目に支払う利息の金額ですが、2回目の支払いは残高が減っています。利息は、現時点でのカードローン残高に対して金利がかかってきますので、返済をしていって残高が減っていけば利息の支払い金額も下がっていきます。その分、元金に充当する割合も高くなっていきます。カードローンの会社のサイトを訪問すれば、返済シミュレーションができます。借入金額と金利、返済方式を入力すれば簡単にシミュレーションできますので、すぐに返済額を知ることができます。また、カードローンを利用する際に借りることができればいい、金利のことは考えないで選んでしまう人も中にはいるのですが、ローンはトータルで考えることです。返済シミュレーションで簡単に支払総額を計算することができますので、いつ返済が終わるかも分かります。金利が低くても返済期間が長ければそれだけ負担が大きくなりますから、返済計画をしっかり立て利用することです。