カードローンは金利や種類を確認しよう【女性専用のカードローン】

最新記事一覧

硬貨

ローンの種類別特徴

個人が無担保で利用できるローンには、銀行カードローン、消費者金融カードローン、クレジットカードのキャッシング、フリーローンなどがあります。それぞれ比較すると金利が違うなどメリットとデメリットがあります。

積み木とお金

リスクと注意点は

不動産担保ローンは、申込みから契約するまで事務手数料や物件調査料、登記費用、印紙代などさまざまな費用がかかります。金融機関によって不動産担保ローンにかかる諸費用は異なり、どちらが負担するかも異なるので事前に確認しておきます。

模型と硬貨

全部で7種類の必要書類

時間に余裕を持ち必要書類を集めることで、住宅ローン控除の確定申告をしっかりと準備できます。全部で7種類の必要書類があり、確定申告書にはご自身で記入しなければなりません。税務署の職員にゆっくりと相談できるように、1月中には確定申告を終わらせましょう。

カードと紙幣

総量規制について

消費者金融のカードローンは、貸金業法の総量規制が適用されます。年収の3分の1以下まで借入限度額が制限されます。例えば、年収300万円の人であればその3分の1の100万円が最高で借入ができる限度額となります。

クレジットカード

ローンはトータルで考える

カードローンを選ぶ際に考えなければならないのが金利と利息です。なるべく金利が低いローンを選ぶことですが、どのくらい支払ったらいいのかはカードローン会社のサイトで簡単に返済シミュレーションができるので返済計画を立てやすいです。

女性の方の申込み

紙幣

レディースローン

給料日の何日も前なのに銀行の口座残高がピンチ、急な支払いがあってそれに対応できない、生活費をどうにかしたい、そういった時に消費者金融のカードローンであれば即日融資に対応していますので、急な資金上にすぐに対応することができます。しかし、カードローンの申し込みにはちょっと不安があり、女性なので申込みに来店をするのがちょと恥ずかしい、在籍確認の電話も男性からかかってくると同僚に怪しまれるからネックである、そういったお悩みを抱えて申込みが不安な方にはレディースローンに申込みをすることです。レディースローンとは、女性専用のカードローンです。レディースローンは、女性限定であるローンですが女性だからといって金利が通常のカードローンよりも安くなったり、金利が優遇されるということはなく、金利や限度額、返済方法、借入方法も通常のカードローン商品と全く内容は同じなのですが、一番の違いは電話対応や窓口対応などすべて女性のスタッフが行うことです。電話申込みをするとした際に、審査では自分のことを話さなければならないです。職場の住所や連絡先、家族のこと、年収などです。プライベートな内容を男性相手に話すのは恐いと感じられている方も中にはいらっしゃいますので、女性を専用としたレディースローンであれば同じ同姓ということもあり安心して話しやすいです。在籍確認の電話も女性スタッフがかけてくれます。もちろん、無金利期間有のレディースローンもあります。